TEAM NACS Official Site

NACS年表ARCHIVE

TEAM NACS10周年(2007年)に、ファンのみなさんの投稿を元に作成されたコンテンツです。
NACS年表とは?
 2007
2007.01
『TEAM NACS 10th Anniversary 「TEAM NACS TEN」全国6箇所にて開催!』
10周年を迎えたTEAM NACSが、全国6箇所を回り、今までのTEAM NACSの10年間に軌跡を、懐かしい映像とトークで振り返ったイベントを行った。
1月12日(金)19:00開演 宮城県民会館(仙台)
1月14日(日)17:00開演 メルパルクホールFUKUOKA(福岡)
1月16日(火)19:00開演 大阪厚生年金会館大ホール(大阪)
1月18日(木)18:30開演 渋谷C.C.Lemonホール(東京)
1月21日(日)17:00開演 愛知厚生年金会館(名古屋)
『フジテレビスペシャルドラマ時代劇『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』に大泉出演!』
大泉は、戦国時代から安土桃山時代の武将であり、織田氏家臣の明智光秀の重臣である明智秀満役を演じた。
2007年1月3日(水)21時〜放送
出演:唐沢寿明、柳葉敏郎、上川隆也、長澤まさみほか
脚本:十川誠志(『交渉人 真下正義』)、演出:西谷弘(『東京タワー』)
『日本テレビ1月クール「ハケンの品格」に安田・大泉レギュラー出演!』
2007年1月10日より毎週水曜日22時から放送され好視聴率をキープした「ハケンの品格」に安田、大泉がレギュラー出演をした。大泉は、、『S&F』営業部販売二課主任で、篠原さん演じる大前春子と対立しながらも、好きになってしまう東海林武役。安田は派遣会社『ハケンライフ』のマネージャーで、加藤さん演じる森美雪を親身に見守る一ツ木慎也役を演じている。
出演者:篠原涼子、加藤あい、小泉孝太郎、松方弘樹ほか
1月10日から3月14日まで放送。
2007.02
『映画「エンマ enma」佐藤出演!』
2007年2月24日渋谷Q-AXにてレイトショー公開。
監督:長江俊和 脚本:大野俊哉
出演:塚本高史、近野成美、坂本爽、山田明郷、ベンガル
突然、密室に閉じ込められた6人。6人に共通するのは、注射の痕と渋谷にいた記憶。1人ずつ訪れる謎の死。新感覚、スタイリッシュスリラー作品。その中で、佐藤は、製薬会社の研究者である君嶋勉役を演じた。
2007.03
『フジテレビ「ネプリーグ」TEAM NACS出演!』
全国バラエティーにTEAM NACSで初出演!なんとかクイズに奮闘しながらも順調にいったが、残念ながら最後のトロッコアドベンチャーで敗退、賞金はゲットできなかった。
3/5(月)に放送された。
『TEAM NACSふるさと公演「HONOR〜守り続けた痛みと共に」3月〜5月のロングラン公演!』
TEAM NACS原点回帰の意も込めて、みんなにとって”ふるさと”とは何かを訴える、ノスタルジー溢れる人情ファンタジー。物語の舞台は彼らの故郷、北海道。人口650人の架空の村にスポットをあてた70年に及ぶ物語。
全63ステージ。動員数は約4万8000人。
東京公演(3月9日〜4月1日) 会場:天王洲銀河劇場
大阪公演(4月6日〜4月15日) 会場:シアター・ドラマシティ
札幌公演(4月26日〜5月13日) 会場:道新ホール
2007.04
『NHK「トップランナー」にTEAM NACS出演!』
4/14(土)23:00〜23:45【教育】にて放送。5人の結成秘話、今後のTEAM NACSを語った。好視聴率だったため、5/5(土)『all day トップランナー TEAM NACSスペシャル』ので、拡大版として再放送された。
2007.06
『舞台「宝塚BOYS」佐藤重幸出演!』
脚本:中島敦彦 演出:鈴木裕美
出演:葛山信吾、吉野圭吾、柳家花緑、三宅弘城、須賀貴匡、猪野学、初風諄、山路和弘
『宝塚BOYS』は、“女性だけのレビュー劇団”として、日本のみならず世界でも知られる「宝塚歌劇団」に、 戦後1945年から1954年の9年間“男子部”が存在したという実話をもとに描かれた、可笑しくて切ない男たちの青春グラフィティ。その中で、佐藤は、女好きのドサ回り大衆演劇役者である長谷川好弥役を演じた。
東京公演 ル テアトル銀座 6月12日(火)〜24日(日)
仙台公演 仙台市民会館 6月27日(水)
名古屋公演 中日劇場 6月29日(金)、30日(土)
富山公演 富山県民会館 6月5日(木)
兵庫公演 県立芸術文化センター 7月7日(土)、8日(日)
札幌公演 北海道厚生年金会館 7月12日(木)
新潟公演 新潟リュートピア 7月14日(土)
広島公演 広島アステールプラザ 7月17日(火)
福岡公演 福岡市民会館 7月19日(木)
2007.07
『舞台「歌の翼にキミを乗せーロクサーヌに捧げるハイネの詩ー」に安田顕出演!』
作 羽原大介、演出 杉田成道
<出演者>観月ありさ、西村雅彦、村杉蝉之介、武田義晴、チョウソンハ、伊澤玲ほか
エドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」という純愛小説の原点ともいえる戯曲を題材にした太平洋戦争の悲劇の中での、男女の純愛作。安田は、観月さん演じるロクサーヌに想いを寄せる青年隊の緒方役を演じている。
<日時>
東京公演 7月12日(木)〜22日(日) 新国立劇場 小劇場
大阪公演 7月25日(水)〜26日(木) 大阪厚生年金会館芸術ホール
札幌公演 8月1日(水)〜2日(木) 札幌共済ホール
2007.08
『TEAM NACS SOLO PROJECT「GHOOOOOST!!」!』
脚本:佐藤重幸 演出:福島三郎
出演:大河内浩、二瓶鮫一、野仲イサオ、音尾琢真、佐藤重幸、加藤たか子
【東京公演】8月11日(土)〜21日(火) 紀伊國屋サザンシアター
【札幌公演】8月25日(土)〜30日(木) 道新ホール
結成10周年を迎えた“TEAM NACS”が新たなチャレンジに挑むPROJECT第1弾として、“TEAM NACS SOLO PROJECT”と銘を打ち、「GHOOOOOST!!」という公演を行った。TEAM NACS 9th stage「ミハル」で、作・演出を担当した佐藤が、このPROJECTを主導し、新作を書き下ろした。また、演出には数々の演劇作品を手がけその演出力に定評のある福島三郎氏、客演には全国区の舞台やドラマでご活躍中の方達をお迎えし、東京・札幌にて公演を行い、好評を得た。23公演で、約1万2千人を動員した。